• HOME
  • 研究開発
  • 安全への取り組み
  • 製品情報
  • 企業情報

アルトロン

人と環境にやさしい水を提供します。

(厚生労働省告示第212号 強酸性次亜塩素酸水)

強電解水生成器
アルトロンAL-761N

オープン価格

 個  

フルオート制御で手間いらず
強酸性電解水(強酸性次亜塩素酸水)とは?
原水に食塩を微量添加した食塩水(NaCl濃度0.2%以下)を有隔膜式電解槽内で電気分解して、陽極側から得られる次亜塩素酸を主な有効成分とする酸性の水溶液を「強酸性電解水」と言います。
強酸性電解水の性状
主な有効成分次亜塩素酸(HClO)、塩酸(HCl)、塩素(Cl2
pH2.2~2.7
酸化還元電位+1100mV以上
有効塩素濃度20mg/kg~60mg/kg
無色
その他塩素臭がある。
殺菌機構

殺菌効果が有効塩素濃度に相関することから、科学的解析が行われ化学種の同定が行われた結果、次亜塩素酸(HClO)が確認され、現在では強酸性電解水の除菌の主な有効成分は次亜塩素酸であるとされています。

強酸性電解水の安全性

強酸性電解水は以下の安全性試験において良好な成績を得ています。

  • 1.急性経口毒性
  • 2.皮膚一次刺激性および皮膚累積刺激性
  • 3.急性眼刺激性
  • 4.皮膚感作性
  • 5.口腔粘膜刺激性
  • 6.細胞毒性
  • 7.復帰突然変異原性
  • 8.染色体異常誘起性
  • 9.亜急性毒性
  • 10.ボランティア対象皮膚試験
  • 11.1年間反復投与毒性/発ガン性併用試験
  • 12.トリハロメタン生成試験
強酸性電解水の抗微生物効果
微生物
Staphylococcus aureus
(黄色ブドウ球菌)
S.epidermidis
(表皮ブドウ球菌)
Pseudomonas aeruginosa
(緑膿菌)
Escherichia coli
(大腸菌)
Salmonella sp.
(サルモネラ菌)
その他の栄養型細菌
Bacillus cereus
( セレウス菌)
Mycobacterium tuberculosis
(結核菌)
他の抗酸菌
Candida albicans
(ガンジタ菌)
Trichophyton rubrum
(白癬菌)
他の真菌
エンテロウイルスヘルペスウイルス
インフルエンザウイルス
強電解水企業協議会資料による
電解水がいつも貯水されていて、使いたい時に自由に使える。

全自動運転ができるアルトロン・AL-761Nは次のような場所でお使いいただけます。

  • 歯科医・病院
  • 福祉・介護の現場
  • 厨房・給食センター
  • 清掃業務の現場、器具・部品洗浄
操作パネル

付属品 1.電解補助液タンク、2.計量カップ(大)、3.塩計量容器(小)、4.入水ホース、5.排水ホース、6.水抜きホース、7.攪拌器、8.分岐水栓、9.排水吐水口、10.アース線

商品名ALTRON AL-761N
型式AL-761N
給水仕様吐水蛇口分岐式
給水接続AC100V 50/60hz
定格電流3.2A
本体寸法幅281×奥行き216×高さ394(mm)
重量約10.5Kg
給水水質水道水基準に準拠する水質
操作方法5段切換(浄水・1・2・3・強電解)、還元水/酸化水
給水水温0~40℃(凍結不可)
使用水道圧範囲0.1~0.59Mpa(1.0~6.0kgf/cm)
電解方式連続有隔膜式電解
電解処理水量各1.0L/min(強酸性電解水/強アルカリ性電解水)
連続使用時間8時間運転可能
電解槽2室型電解槽・リバーシブル電極
電解洗浄・生成1時間毎に極性及び水路反転による自動洗浄
・薬液による本体内部循環洗浄(オプション対応)
生成水質強酸性電解水:pH2.7以下 有効塩素濃度 20mg/kg~60mg/kg
強アルカリ性電解水:pH11.0以上
電解電源スイッチング電源
定電流制御
電極寿命2000時間(水質によって変動します)
内部フィルター本体内部プレフィルター内蔵
設置場所屋内・据え置き
安全装置流量センサー・食塩水検知・電解槽交換警報・過電流保護・貯水タンク満水、空検知
    ご注意
  • 本体を設置する場合は、換気・風通しの良い場所を選んでください。
  • 強酸性電解水・強アルカリ性電解水は飲用できません。
  • 水道法基準に不適合な原水は処理できません。
  • 硬水を軟水に変えることはできません。
  • 地域の水質によって、PH・有効塩素濃度・生成量に変動することがあります。

ページトップ ▲